佐々陽太朗のチャリチャリ日記

人生いたるところに夏休みあり。佐々陽太朗の自転車日記。60歳と6ヶ月で仕事をリタイア。目指すはピンピンコロリ。死ぬまで元気なジイサンでいたい。輪行自転車旅、ポタリング、日々のトレーニングなど。

チャリンコでカレー屋めぐり(姫路市本町『スパイス スエヒロ』)、黒川伊保子氏の講演

2024/05/22

 今日は先日受診した内視鏡検査の結果を聴きに赤十字病院に行った。たぶん問題なかろうと思ってはいるものの、一カ所食道に異変のあった部分を生検のため切り取ったので、正直なところちょっぴり不安があった。検査の結果は異常なし。ただし、相変わらず食道が荒れており、癌になるリスクを負っているので酒は控えるようにとのことであった。先生のお言葉を神妙な面持ちで聴きながら、とりあえず今日の昼メシ時はアルコールを控えることにした。

 赤十字病院の後は行きつけのK内科医院に行く。医者のハシゴである。こちらでは年1回やっていただいている胸部レントゲン検査と心電図検査。どちらも異常なし。

 食道に異常が無いとなれば昼飯は刺激のあるものを食べたい。カレー屋『スパイス スエヒロ』に行く。大好きなカレー屋で何度も通っている店だ。お城の南の公園に駐輪し、一〇〇mばかり南に歩けば店がある。

 注文したのは「海老と野菜のグリーンカレー」(¥1,100)にパクチー(¥200)をトッピング。ビールが合いそうなカレーだが、赤十字病院の先生の忠告に従い自重。まあ自転車で移動しているので当然のことではある。ここで先生のいうことに従ったことにして、今夜はいつもどおり飲むつもりだ。(笑)

 食事の後は山陽特殊製鋼さんから招待いただいた講演会の会場である「アクリエひめじ」に向かう。講師は黒川伊保子氏。富士通人工知能エンジニアとして自然言語解析の現場に従事し、1991年には、当時の大型機では世界初と言われたコンピュータの日本語対話成功に貢献なさった方だとか。講演会開始まで時間があるので読みかけの『いのち愛づる生命誌(バイオヒストリー) 38億年から学ぶ新しい知の探求』(中村桂子:著/藤原書店)を読み切る。中村桂子氏もまた理系女史として素晴らしい方だ。

 講演では黒川氏が日本語対話をAIに理解させる過程で対話文脈に男女の違いがあることに気づかれ、男女間で「とっさに使う脳神経回路」の初期設定に大きな違いがあることをつきとめられたことから話が始まり、夫婦など男女の間にある大きなミゾに話が及び、どうすればお互いがうまく付き合っていけるかをユーモアたっぷりに話してくださった。非常に興味深かったので、家に帰ってからすぐに氏のご著書『夫のトリセツ 』(講談社+α新書)を発注した。読むのが楽しみである。

 本日の走行距離約52km、消費カロリー1,489kcal。



姫路赤十字病院前『手打ちうどん錦』

2024/05/14

 今日は年一回の上部消化管内視鏡検査の日。私は酒を飲むからだろう、それも強い酒を生でやることもしばしばだから食道や胃が荒れる傾向があるようだ。数年前に腫瘍マーカーだかなんだかが陽性になり、再検査した方が良いといわれ、姫路赤十字病院を紹介してもらって内視鏡検査をした。するとその結果、癌はなかったものの、かなり炎症があり食道癌あるいは胃がんに進行する危険が高いと言われた。出来れば酒を控えるように言われたのだが、それは出来ないと先生にきっぱり伝えると、では年に一回内視鏡検査をしましょうということになったのである。控えろと言われた酒を控える気がないということは、それが禍して命を縮めても致し方無いということだ。なのに病を怖れて検査を受けるなど、矛盾も甚だしい。分別ある大人のとるべき態度ではないだろうことは良くわかっている。しかし私はそうした矛盾をかかえた人間である。卑近な例を示せば、健康のために体を動かそうとサイクリング中にコンビニで甘い甘いクリームパンなどを食しつつ、内臓脂肪を減少させる効果があるとされる特定保健用食品カテキン茶などを飲むといった恥知らずの行動をとったりする。内視鏡検査にしても、食道癌になったらなったで致し方なしと酒を飲み続けるなら、苦しい思いをしてしかも金まで払って検査などしなければ良いのだ。しかし私はまた、人の親切な忠告には素直に従う人間でもある。自分で言うのもなんだが、素直で愛すべきキャラなのである。というわけで今年もまた検査を受けるべく姫路赤十字病院にやって来た。滅多に病院に来ることがないので、入り口に貼られた「院内ではマスクをせよ」との張り紙にはたと戸惑い、病院職員さんのお手を煩わす。機械での受付にどうしたものかとあたふたしていると、横にいた診察を受けに来ているらしいお姉さんに助けていただく。診察室に案内いただく途中に二度も「おトイレは大丈夫ですか」と看護師さんに声がけいただく。私はそんなに頼りないジジイに見えるのかと、内心嘆きながらも、「ハイ。大丈夫です。ご親切にどうも」と愛想笑いで返す。自分で言うのもなんだが、なかなか素直で愛すべきキャラである。検査中げぇげぇ言っている私の背中を可愛らしい看護師さんがやさしくさすってくれる。そういえば技師さんも若い女性で優しく接してくださった。検査中、私の不安を取り除くべく進行状況を優しく説明し、いたわりの声がけをいただく。管を飲んでいるのだから応えようないのに、「あ」とか「う」とか声にならない声をだそうとする私に「お返事はしなくてよいですよ~~」とやさしく微笑んでくださる。(技師さんの顔は見ていないがきっと微笑んでいた) 何度も言うのもなんだが、私はなかなか素直で愛すべきキャラなのである。

 検査は10時前に終わり解放された。昨日夕方に食事したきり水しか飲んでいないので腹が減っている。そういえばこの病院のすぐ西に『錦』といううどん屋があったなと思い、店が開くまで夢前川の土手で本を読んで過ごすことにした。『錦』はたまたま視たYouTube動画で知った。なんでも先代からの習慣で日に二回、厨房を丁寧に掃除するのだとか。動画はかなり前に視たので、記憶はあやふやだがそれを視て行きたいと思っていた店だ。

 11頃、店に行くと既に開店していた。ここは10時開店のようである。入り口にあった「本日のサービス定食」を注文する。海老天とじ丼、うどん、小鉢、香物、甘味のセットが1,100円。うどんはコシはほどほどのもっちりしたもの。こだわりのうどん屋にありがちなコシが強すぎるものではなく、姫路のうどんらしい柔らかさがかえって良い。出汁はうまい。隣の客の注文した蒸し穴寿司がやけにうまそうだ。今日はサービス定食で済ませたが、次は蒸し穴寿司を食べることとしよう。

 帰り路、通りがかったヤマサ蒲鉾の睡蓮が数日前より花が増えていた。いよいよ初夏である。

 

姫路城周辺をポタリング

2024/05/11

 天気が良いのでチャリンコトレーニング。姫路城周辺まで出かけた。

 まずは姫路市立美術館。今開催中の特別展「PRISM 見えない光を捉えるアート」を鑑賞。「光」をテーマに美術館のコレクションを紹介する企画だ。ほとんどが写真撮影許可の作品だったので、いくつか撮影した。

 鑑賞後、ショップでしおりを購入。木の葉にてんとう虫のかわいいしおりだ。少額だが月々教育支援をしているベトナムの子どもへのバースデーカードに同封しようと思う。その子が本を読むのが好きで気に入ってくれればよいのだが。

 Happy Birthday.
 Do you like to read books?
 I send you a red ladybug bookmark.

 ベトナム語はわからない。こんなメッセージで伝わるのかな。

杉本博司日本海隠岐》1987年]

[野村仁《‘moon’ score:真空からの発生》1980-1984年]

 五線譜を写した35ミリフィルムを巻き戻し、最初の2コマにその日の新聞の月齢図を写し、残りの34コマにその夜の月を連続で撮影する。重い望遠レンズを装着したカメラを手持ちで撮影するため手ぶれで写し込まれた五線譜上の月の位置はさまざまにずれる。その五線譜上の月を音符に見立て、楽譜として発表したもの。備え付けのヘッドホンをつけると、その音楽が聴ける。楽譜の展示方法が写真のとおりだが、この配置になにか意味があるのかと美術館の職員に尋ねてみたが「???」であった。

[秋岡美帆《そよぎ》1986年]ほか

ルネ・マグリットマザー・グースマグリットの落とし子たち』より》1968年 ]

ルネ・マグリット《若者の視線が格子窓から老木の祝祭に良い匂いをふりまき・・・『マグリットの落とし子たち』より》1968年 ]

[佐々木類《水の記憶》2021年]

[立花江津子《「愛の夢」リストへのオマージュ》1981年、《「天馬ーペガサス」ギリシャ神話》1981年、《落日》1979年、《「火の鳥」ストラビンスキーのオマージュ》1981年]

 美術館見学のあとシロトピア記念公園に行った。「ひめじアーティストフェスティバル」が開催されている。知人が実行委員会の委員をしているらしく、ぜひ行ってねと案内を受けていたもの。木工、陶芸、ガラス、皮革、染、織、被服、金工など169の作家の作品が展示販売されている。欲しいものがたくさんあったが、チャリンコで来ているので重いもの、嵩張るものは変えない。ちいさな盃(「京焼 瑞城窯」の練り込みの器)をひとつ贖った。練り込みとは器に模様をつける技法のひとつで、筆は用いない。陶土を着色し、異なった色の陶土を組み合わせて模様を描く手法らしい。一目見るだけでものすごく手間ひまがかかっていることがわかる。少々高い買い物になったが、手間ひまと高等技術に対するオマージュと考えて値切ることはしなかった。

 気に入りの盃を手に入れたあとは城郭図書館へ行き、前から読みたいと思っていた中村桂子氏の本を借りて帰った。

 帰り路に眺める山は青さを増しすっかり初夏の様相。

 本日のポタリングで手にした3品。

 

睡蓮の花が咲いた

2024/05/10

 今日は「男の料理教室」の日。天気が良いのでトレーニングがてらロードバイクで出かけた。

 習った料理は①桜えびの混ぜご飯、②豚肉のミルフィーユカツ、③アボカドのわさび和え、④新じゃがと新玉ねぎの味噌汁、⑤いちごプリン。

 帰り路、ヤマサ蒲鉾の北側にある水田の睡蓮が咲いていた。もう午後の1時を過ぎていたので花も閉じかけていたがなんとか間に合った様子。

 

新車ロードレーサー「VIGORE KYOTO Collection しるし」試乗

2024/04/15

 二日前にロードレーサーの新車が家に届いた。2月の16日に注文して約二ヶ月。今か今かと首を長くして待っていたものがやっと仕上がった。京都の老舗メーカーVIGOREに作ってもらった「KYOTO Collection しるし」である。

 2022年11月に永年の愛車「Bianchi」のロードレーサーからグラベルロード 「BASSO TERRA GRX600」に乗り換えた。Bianchiにはかれこれ20年ほど乗っており、最愛の自転車となっていた。乗り続けたいのはやまやまなれど、かなり前につけてしまったフレームのへこみと傷が時間の経過とともにすこし錆びてきてしまい、安全を考えて念のため乗り換えることにしたのだ。80歳頃まで乗り続けるとして残り15年強、乗り潰すつもりでの乗り換えであった。現に3月下旬から出かけた東北へのツーリングにはTERRAを使った。幹線道路を外れ、海岸線の砂地の道路や田園地帯の砂利道を走るのに満足な性能を発揮してくれた。そう、充分満足しているし、いまや愛着のあるバイクとなっている。しかしTERRAに乗り換えて改めて分かったことなのだが、私にはクロモリのロードレーサーの細くシンプルな三角形フォルムへの偏愛がある。”美しい”と思うのだ。20年前に自転車を始めたころ、既に人気はカーボンフレームに移っていた。しかし私はクロモリの細い三角形フレームにこだわり、Bianchiのブランドカラー「チェレステ」の美しさにも惚れ込んでそれに決めたのだった。乗り換えたグラベルロードもクロモリでシンプルな三角形のフレームだ。しかしグラベルロードのそれはロードレーサーのものよりほんの少し太い。重量もそれなりにある。砂利道をも走る用途ゆえ当然のことだし、それはそれで実用にかなう美しさを持っているのだが、どうしても細いフレームへの偏愛が頭をもたげる。たまたま確定申告で50万円ほど還付されることが決まった時期でもあったので、「ええい、買ってしまえ!」とばかりに発作的に注文してしまった。私は贅沢を好まないが、使えるお金が手元にあれば使ってしまうたちでもある。以前からVIGOREのホームページを見ており「いいなぁ、美しいなぁ」とそのクラシカルな佇まいにあこがれてもいた。今にして思えば、思いは募っていたのだ。と、まあ、以上が「KYOTO Collection しるし」を買いもとめることにした経緯でもある。かくなる上は「TERRA」と「しるし」を用途と情況に応じ、偏ることなく、双方に愛を持って真摯に接していく覚悟である。

 そんなこんなで今日は新車をおろし、試乗した。今日は週一回のストレッチ体操教室の日である。広畑までの片道22kmの往復にトレーニングを兼ねて「しるし」を使ってみた。軽いフレーム、細いタイヤ、春風のような軽快な走りが心地よかった。

 

 ソメイヨシノは散ってしまったが、八重桜が見頃となっている。

 ヤマサ蒲鉾のシバザクラがそろそろ見頃を迎えつつある。

 田んぼの蓮華も盛りを迎えた。

 夢前川のソメイヨシノは花がほぼ散って葉が伸びてきた。

 

料理教室への往復に花見ライド

2024/04/12

 4月7日の夕に東北から帰ってくるとこちらは桜が満開であった。それから5日過ぎた今日あたりは、花も散り始め。今日は月イチの料理教室の日。せっかくなので夢前川の花を愛でながら教室に行くことにした。

 今日の料理は「豚肉のミルフィーユカツ」「新玉ねぎの味噌汁」「いんげんのごま和え」「うぐいす餅」。

 写真では見えにくいが、風でそよいだ花びらが舞い散る中を走った。

 今年の花もこれが見納め。

 

チャリンコで東北へ(12日目は新幹線で輪行)

2024/04/07

 チャリンコで東北へ行く旅、12日目は輪行で帰る。秋田から東京へは秋田新幹線・こまち18号(秋田10時07分→東京14時08分)、東京から姫路へは東海道・山陽新幹線・のぞみ75号(東京14時48分→姫路17時45分)に乗車。秋田新幹線は初めて乗った。秋田から姫路まで乗り換え1回7時間強で帰ることができるとは、便利になったものだ。

 まずは腹ごしらえ。朝7時から開いている駅そば『しらかみ庵』に入った。旅をしていると朝食に困ることがたびたびある。ビジネスホテルの朝食はおいしくない。かといって早朝から開いている店を探すのは大変だ。その点、駅そばは早朝から開いていることが多いし、ダシのきいた汁でたぐるそばはなかなかうまい。コスパも良い。私のような者にはまことにありがたい店が駅そばだ。メニューを見て評判が高く売り切れてしまうらしい「しらかみネギそば」あるいは秋田の郷土食であるぎばさを使った「ぎばさ蕎麦」にしようかと思ったが、季節限定メニュー「あさりかき揚げそば」に心惹かれそれにした。かき揚げもあさりも大好物なのだ。

 お腹が満たされたあとは帰り支度。2度目の袋詰めなので不安もなく完璧な仕事。

10:06 ホームに到着した秋田新幹線は赤だった。東海道・山陽新幹線にしか乗ったことのない私には斬新に映った。カッコイイ。

 新幹線に乗車後はリラックス。携えてきた本を読みながら酒を飲む。酒は『阿櫻』。肴は「燻りがっこ」。酒の後は「いなり寿司」。本と酒とうまいもんがあれば何時間でも幸せに過ごせる。自動車は嫌いだが、鉄道、バスの旅はいいもんだ。

 姫路駅ではつれ合いが迎えに来てくれていた。ありがたい。